女性が期間工をするうえで考えなければならない6つのデメリット

女性が期間工になるメリットとデメリット

期間工には期間工ならではのメリットやデメリットがあります。それは女性が期間工をする場合でも同様です。

女性が期間工をする上でのメリットについては、過去にいくつかの記事で触れてきましたので、今回は同時に考えておかなければいけないデメリットについてまとめていきたいと思います。

女性ならではの項目もありますので、期間工を検討している方は是非参考になさってください。

慣れるまでは体力的にきつい

期間工という仕事には、元々「きつい」というイメージがついていると思います。

ただしこれは主に男性の期間工に当てはまる話で、女性の場合は体力的な部分が考慮され、肉体的に楽な工程に配属されることが多いです。

とはいえ、一日中立ち続けなければならなかったり、場合によってはそこそこ重たい物を持ち上げなければならなかったりと、配慮されてるとはいえ慣れるまでは体力的にきつく感じる方もいると思います。

特に運動経験があまりない方の場合は、立ち仕事というだけで慣れるまで割と大変です。

2週間から1ヶ月ほどで体も慣れますので、最初の期間をいかに乗り越えるかがポイントになります。

夜勤があるとホルモンバランスが崩れやすい

ほとんどの工場では夜勤があるため、一週間ごとに日勤と夜勤を交互に繰り返すことになります。

そのため生活リズムが乱れやすく、その影響で自律神経のバランスも崩れやすくなります。

そして、自律神経のバランスが崩れるとホルモンバランスも崩れやすくなるため、女性の場合は生理不順などの体調不良が現れることもあります。

交替制の勤務もいかに慣れるか?がポイントではありますが、しっかりと睡眠をとることで体調は整えられますので、 寝る時間が変わってもしっかりと睡眠が取れるような工夫をすることが大切になります。

会社によっては寮が相部屋の可能性がある

期間工の場合は基本的に寮が用意されていますが、その環境は会社によって大きな開きがあります。

また、同じ会社でも寮によって環境が異なります。

3 DK の部屋をルームシェアするような形で共有するような相部屋タイプの寮もあれば、 マンスリーマンションなどを会社が借り上げてくれて完全なワンルームタイプの寮まで、様々です。

生活環境が快適でないと長く仕事が続けづらいので、給料や仕事内容だけでなく寮の環境についても事前にリサーチをしておきましょう。

職場ではモテるが出会いが限られる

一般的に女性の期間工はモテると言われていますし、実際よほどひどいルックスでない限りはモテる場合が多いです。

とはいえ、その対象は同じ工場で働く男性に限られます

工場へ寮は郊外にあることが多く、職場以外での出会いもほとんど無いということは覚悟しておきましょう。

仕事中にお洒落が出来ない

工場で扱う製品の性質にもよりますが、基本的に仕事中はすっぴんで過ごさなければならない職場が多いです。 (会社によっては多少の化粧であれば認めてくれるところもあります)

特に女性が多い部署は精密機械を扱う場合が多く、化粧が細かい部品についてしまうことで不具合を起こしてしまう可能性が高いためです。

同様に、ネイルや指輪、ピアスやイヤリングなども製品に傷をつけてしまう可能性があるため禁止されている工場がほとんどです。

期間工の仕事中は、仕事中のお洒落は我慢しなければならないと覚えておきましょう。

社会的な信用度がまだまだ低い

期間工は、その名の通り契約期間に終わりがある期間限定のお仕事です。

そのため、雇用が保障されている正社員に比べると、どうしても社会的な信用度が低いと言わざるを得ません。

期間工からその会社の正社員に登用される制度はありますし、メーカーによってはかなりの人数を正社員として採用している実績もあるので、そういった道を目指すことも可能です。ですが、希望すれば必ず正社員になれるわけではありません。

また、働く会社を変えて期間工の仕事を繰り返す方もいますが、年齢とともにやはり体はきつくなっていきます。

特に女性の場合は、働く期間と稼ぐ目標金額を定めて、期間限定でしっかり頑張るという働き方が期間工には合っているかなと個人的に思います。

まとめ

今回は女性が期間工をする上で考えておかなければならないデメリットについてまとめたわけですが、もちろんメリットもあります。

というか、学歴やこれまでの職歴に頼らずに、一定期間でまとまった金額を稼ぐのにこれほど最適な仕事はないと思います。

最近は女性の期間工も珍しくなくなってきていますので、デメリットとメリットの両方を天秤にかけ、メリットの方が大きいと感じた場合は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました