期間工の部品組み付けってどんな仕事?女性でもできる?

女性期間工の仕事内容

女性が期間工として働く際に配属されやすい部署はいくつかありますが、その一つが部品の組み付けです。

部品の組み付けということを聞きなれない言葉かもしれませんし、もしかしたら「きつい工程」として有名な車体の組み立てと混同している方もいらっしゃるかもしれません。

今回は、そんな部品の組み付け工程についてまとめていきたいと思います。

期間工が行う部品組み付けの仕事内容とは?

部品の組み付けとは、エンジンやトランスミッションといった機械パーツを組み立てる過程で、必要な部品を組み付けていく作業工程です。

基本的に扱うパーツはそれほど大きくないため、女性でも十分取り扱うことができ、また作業も手元で行うことが多いため体力的な負担も少ないと言われています。

車体の組み立てとの違いは?

一方、車体の組立工程とは、出来上がった各種パーツを組み立て、車の形にしていく工程です。

重くて大きいパーツなどは組み立て用のロボットが作業してくれますが、車の箇所によっては人間が手作業でパーツを取り付ける必要が出てきます。

この時に無理な体勢を取り続けなければならず、膝や腰を痛める方が多いため、一般的に非常にきつい工程と言われています

女性が多いって聞くけど、部品組み付けって楽な仕事なの?

部品の組み付けと車体の組み立ては言葉こそ似ていますが、体への負担は大きく異なります。

先ほども触れたように、部品の組み付けは細かいパーツを手元で組み付ける作業がほとんどのため、無理な体勢を取り続ける必要はなく、体力的な負担も少ないです。

もちろん、それなりのスピードと正確さが要求されますし、ほとんどの会社では立って行う工程のため、楽と感じるかどうかは個人差があると思います。

ですが、主に男性が配属される他の工程に比べれば肉体的には楽な部類に入ると言って良いでしょう。

ただし、覚えることが多く手元の器用さは要求されます

肉体的には楽が部品の組み付け工程ですが、精密機械を扱うことが多いため覚えることが多く、その点に苦痛を覚える方もいるかもしれません。

また、細かい作業が多くなるため、手元の器用さも要求されます。

女性が多く活躍していることは確かですが、その意味では、一言で楽な工程とは言えないかもしれません。

部品メーカーなら確実

ここまでの話を聞いて「部品の組み付けなら私にもできそう」と思ったなら、一番確実なのは部品メーカーで期間工を行うことです。

部品メーカーの場合はそもそも車体の組立工程はなく、基本的には機械パーツの製造がゴールです。

これは、全体的に車体メーカーよりも部品メーカーの方が期間工の仕事が楽と言われる訳でもありますね。

女性期間工におすすめの部品メーカーについては、こちらの記事でまとめています。

車体メーカーでも部品の組み付け工程はあります

車体メーカーによってはトランスミッションなどの機械パーツをグループの部品メーカーから納品してもらっているところも多いですが、中には自社工場でそういった機械パーツも製造している会社もあります。

また、エアコンやカーナビ、トランスミッションなどを外部から調達している車体メーカーであっても、エンジンは自社工場で製造しているケースが多いです。

ですので、そういったケースでは、車体メーカーであっても部品の組み付け工程というものは存在し、女性が活躍しているケースも目立ちます。

スバルの期間工募集ページには女性期間工のインタビューが掲載されていますが、そこには部品の組立工程で働いていた時の体験談が語られています。

[getpost id=”51″]

まとめ

このように、部品の組み付け工程は女性でも十分対応可能な仕事内容です。

最低限の体力と手元の器用さに自信のある方は、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました