女期間工はどこまで化粧できるの?身だしなみ事情について解説!

女期間工事情

身だしなみに気を使っている女性にとっては、「どこまでがOKなの?」と思う方も多いのではないでしょうか。

特に初めて工場勤務をしようとしている人にとっては気になりますよね。

今回はそんな女性の身だしなみ事情について解説していきます。

女期間工は化粧できるの?

自動車・部品メーカーとも化粧は問題なくできます。

「薄くしなければいけない」なんて上司に言われないですし、会社にもそのような規定はありません。

ですがマナー的にも、化粧はしたいところです。

製薬工場や食品工場の場合、「ファンデーションが製品に落ちる」可能性があるとされるため、マスクをしたり、ゴーグルをして化粧を落とさない工夫をしているメーカーもありますが、自動車メーカー、部品メーカーに至ってはそういったことはありませんので安心してください。

ですが体を動かす仕事をしている時は汗をかいて化粧が落ちてしまうので、濃い化粧をして直す手間を省くため、薄化粧で済ませてしまうようです。

汗かきで、ぐちゃぐちゃになるのが嫌な人はウォータープルーフのようなタイプを選ぶといった工夫が必要です。

髪の毛の長さや色は自由にできるの?

髪の長さや色は明るすぎて、「仕事のために黒髪・短髪」にしなければならないというのはありません。

ただし、面接時に髪色が派手だったり、髪型が奇抜ですと、変な誤解を生む可能性がありますので、正式な場では「黒髪」で「髪は整えておく」と好印象でしょう。

実際の就業となった場合は、工場では機械が動いているので、髪が長いと巻き込まれる可能性があり大変危険です。

入社時の教育で髪を結わえるよう指示があるとは思いますが、長い人は髪を結わえるゴムを持参するようにしましょう。

ネイル・爪はおしゃれできるの?

作業は手袋をつけて行うので、爪が長すぎることにによる作業がしずらい・できないといった事はなく、手元もおしゃれできます。

ですが期間工といった工場の仕事は手袋をしてるとはいえ、手が汚れがちです。

爪が長いと汚れが溜まってしまって洗うのも一苦労ですし、そもそも長いまま放置していると危ないです。

まとめ

以上のことより、常識の範囲内で身だしなみを整える事が大切です。

化粧のことでダメ出しされることはありませんが、常識的なマナーを守って最低限の身だしなみは整えましょう。

働いている人が男性がほとんどなので、化粧や身だしなみについて悩まれるかと思いますが、「期間工だから厳しくしなくてはいけない」ということはありません。

タイトルとURLをコピーしました