期間工の女子寮ってどうなの?きれい?個室?おすすめメーカーは?

期間工の女子寮について

期間工という仕事を長く続けるには、生活環境はとても重要です。

毎日の仕事の疲れを癒してくれて、リラックスできる環境が整っていれば、多少仕事がハードでも継続しやすいです。特に女性にとっては、住環境ってとても重要ですよね。

期間工の場合、生活環境に直結するのがの環境です。

今回は、期間工を目指す女性向けに、期間工の女子寮についてまとめていきたいと思います。

女子寮がある会社・ない会社様々

まず大前提として、会社によって女子寮の有無は異なります。

女性の期間工の割合が多い会社や期間工の数そのものが多いトヨタなどの会社は、女性期間工のための女子寮を用意しています。

ただし、一般的には女性の期間工は割合が少ないため、女子寮がない会社も多いです。

女子寮がない会社の場合は、女性期間工のためにマンスリーマンションなどを借りてくれる場合もあります。

女子寮があるからといって必ずしも快適なわけではなく、女子寮がなくても女性期間工のために快適な住居を用意してくれる会社が多いので、選ぶ際は求人情報をしっかりチェックするようにしましょう 。

寮は個室?相部屋?1R借り上げの場合もあり

期間工の寮と言うと、昔は相部屋が当たり前でした。

今でもその時のイメージが先行するため、期間工の住環境は劣悪という印象を持たれがちですが、現在はほとんどの会社で「期間工の寮=個室」が当たり前になっています。

これは女性に関しても同様で、 ほとんどの女子寮は個室です。

ただし、一言で個室と言ってもタイプは様々で、3 DK タイプの部屋を数人でシェアし、 お風呂や洗面台などを共同で使うタイプの寮もあれば、完全にワンルームタイプの寮を用意している会社もあります。

あるいは、部屋は完全に個室で大浴場などの共有スペースを大人数で利用するタイプの寮もあります。

食堂の有無も重要

基本的に期間工の寮には食堂が完備されていて、リーズナブルな金額で食事が取れます

仕事から帰ってきた後に自炊をするのは大変ですし、毎日コンビニ食では栄養の方よりも心配です。

食堂があるタイプの寮は自炊が禁止されているなど、場合によっては不自由な点もありますが、 手間と栄養面を考えればメリットの方が大きいと言えるでしょう。

その点、マンスリーマンションを借り上げてもらう形式だと食堂がないため、完全なプライバシーは確保できますが毎日の食事には苦労しそうです。

全体的に女性向けの寮は新しくて綺麗なところが多い

これは全体的な傾向ですが、男子寮に比べて女子寮の方が新しくて綺麗なところが多いです。

女性期間工は仕事の上でも男性ほど体力的にハードではない部署に配属されるケースが多いですが、寮に関しても優遇されていると言えますね。

貯金したいなら寮に!家賃や水道代・光熱費が無料の場合が多いです

このように期間工の女子寮は様々なタイプの個室が用意されていますが、 もう一つの大きな魅力は家賃や水道代・光熱費が無料のところが多いということです。

中には有料の会社もありますが、有料の場合でもかなり安めの設定です。

つまり、生活する上で必要なお金をかなり節約することができます

生活費がほとんどかからず、給料をほとんど貯金に回せる期間工のシステムは、しっかり稼いでお金を貯めたい女性にとってとても魅力的だと思います。

まとめ

どのメーカーで期間工をするか?を選ぶ際は、給料面だけでなく、女子寮の環境に関してもできるだけ事前に情報を収集しておきましょう。

ある程度まとまった期間、期間工を続けたいと思っているならば、 寮の環境はとても重要だからです。

タイトルとURLをコピーしました